勤務税理士と開業税理士どちらを目指すべき?

税理士志望のあなたのためのお助けサイト

税理士を詳しく知らない人へ、まずは税理士をしっかり解説!

勤務税理士とは、企業や事務所に雇ってもらっている税理士のことです。
業務内容は開業税理士と業務はあまり変わりません。親と子の様な感じですね。
ですからここでは、わかりやすくするために補助税理士という存在とその業務にも触れながら説明します。

まず、税理士とありますが、業務の内容が全く違います。
補助税理士の業務は、開業税理士または税理士法人の補助者として税理士業務に付随して行う業務に従事する税理士が「補助税理士」に当たります。
補助税理士の大きな特徴は、納税者から直接委嘱を受けることができないところです。
よって、補助者としてついている開業税理士または税理士法人が受けた委嘱のみ、自らの名で業務を行なえます。
また、補助者として従事する場合は補助税理士として登録しなければいけません。

続いて、開業税理士の業務内容を説明します。
開業税理士は開業税理士として登録されるため、補助税理士のように他の税理士に従事することはできません。
しかし、開業税理士は他の開業税理士や法人税理士が受けた事案に対して、納税者の直接の委嘱または特別の委任を受けた場合は自らの名で業務を行なうことができます。
ここが、補助税理士との大きな違いの一つです。

ここまでの内容をまとめると、補助税理士は他の開業税理士が受けた事案のみ業務を行なうことができますが、開業税理士は納税者等から直接の委嘱または特別の委任を受けた事案の場合は業務を行なうことができるということです。

つまり、開業税理士とは独立して自らの事務所を構えてお客さんと契約を結び、従業員を雇用して税理士事務所を運営することができる税理士ということです。
皆さんがイメージする税理士の姿はこれがいちばん近いものだと思われます。
この後にも、税理士の年収やそれぞれのメリットなどをこのサイトで詳しくまとめていきます。